BootstrapではなくUIkitを選択した理由

正直なところ、私は・・・素人よりのプログラマーです(笑)
そんな私が代表的なフレームワークを使ってみました。

  1. Bootstrap
  2. Foundation

確かに便利でした。ですが、記述が理解しにくいということ、クラス名がユニークにならないことがあり(気をつければなんてことないハズです) jQueryプラグインと共存できないことがありました。

なによりGridシステムのクラスが面倒でした。
UIkitはこのGridシステムがわかりやすい!ここに惚れ込みました。

現在、私の会社ではUIkitのみの制作に切り替えています。
ちなみに新卒で新人社員も、約3か月でレスポンシブサイトの構築ができました。この社員は情報系・プログラムとは全く縁のない学部学科の卒業です。

実際にGridを使う想定でBootstrapだと
<div class="row">
<div class="col-sm-4"></div>
<div class="col-sm-4"></div>
<div class="col-sm-4"></div>
</div>

UIkit3なら
<div uk-grid>
<div class="uk-width-1-3"></div>
<div class="uk-width-1-3"></div>
<div class="uk-width-1-3"></div>
</div>

UIkitのクラスには全てuk-が付きます。これによりコンフリクトの心配はありません。
そして、uk-width-1-3の部分ですが「3つに分けた1つ分」という見方ができます。uk-width-2-3であれば「3つに分けた2つ分」です。この表記がわかりやすかった!

他にもわかりやすく

  • uk-text-center
  • uk-list
  • uk-table

などなど、理解しやすいクラス名ばかりです。

そして、そこそこたぶん軽量です(笑)
詳しくはUIkitのサイトで見てください

https://getuikit.com/

UIkit

Posted by michi